カードローンに申し込むと審査を受けることになるのですが、その審査ではカードローンに申し込んだ人の信用情報や、属性が大きな影響を与えることになります。信用情報の一部分として属性は存在しますが、属性とはカードローンに申し込んだ人の名前や、住所、連絡先、勤務先の業種、正社員なのか契約社員なのかといった雇用されている形態、分譲物件なのか賃貸物件なのかといった住居の形態、家族構成などといった個人情報のことを指しています。消費者金融や、銀行などといった金融機関は、信用情報機関で管理している個人情報が登録されているデータベースを共有して使っていて、カードローンに申し込んだ時点で、どれだけの金額のお金を借り入れているかが分かるようになっています。そして、過去にお金を借り入れていた場合は、どのように返済してきたかについても分かるようになっています。KSCとも呼ばれる全国銀行個人信用情報センターや、シー・アイ・シー、JICCとも呼ばれる日本信用情報機構といった情報機関が信用情報を登録しているデータベースを管理しています。

銀行などの金融機関が加盟しているのが全国銀行個人信用情報センターで、クレジットカードのサービスを提供している信販会社などの金融機関が加盟しているのがシー・アイ・シー、消費者金融などの金融機関が加盟しているのが日本信用情報機構となっています。これらの情報機関が登録している個人情報のデータベースの内容は違っていますが、情報機関がお互いに情報を取り取りしているため、どこの情報機関が管理しているデータベースにアクセスしたとしても、照合をする金融機関は同様の内容の信用情報を得ることができるようになっています。カードローンのサービスを提供している金融機関は、それらの情報機関が管理する個人情報が登録されているデータベースを照会して、カードローンに申し込んだ人を審査するときの基準として大切な役割を果たしています。